マイハート倶楽部

お知らせ

画像
オンライン研修

2021.10.12

【研修報告】介護木鶏会 第11回 (R3.10)

介護木鶏会(もっけいかい)第11回をオンラインで開催いたしました。

木鶏会では、格物→致知(壁にぶち当たって、障壁を乗り越えることで、また自己成長につながる)これを原理原則において、様々な意見交換を行っております。

致知10月のテーマは「天に星 地に花 人に愛」

天地人

このタイトルの基は、「天の時、地の利、人の和」という中国戦国時代、孟子の言葉から来ています。

戦国の時代において、天候より有利な地形、有利な地形より人の団結にはかなわないといい、人の和こそ大切であることを示しています。

日本でも

1560年桶狭間の戦いがありました。

今川軍勢2万に対し織田軍2千人の軍が奇襲により、今川義元を打ち取り撤退させ、その後の天下取りの下地になったといわれます。

その時あられが降っていた【天候】

道が狭かった(ゲリラ戦に有利)【有利な地形】

それ以上に軍を鼓舞する信長の姿が想像できます。【人の団結】

いつの時代も「人心の団結が強国を作る」と言う原理原則は変わらないということを教えてくれます。

これを仕事に置き換えると、

天の時はビジネスチャンス

地の利は組織の強み

人の和は良好な人間関係

となるでしょうか。

いま、介護現場に目を移すとどうでしょうか。

人を大切にしていない組織は弱い。

面談などの時間をとって、

一人ひとりの声を拾っているでしょうか。

人材教育は後回しになっていないでしょうか。

強い国、強い組織をつくるには

人を大切にする必要があります。

良好な人間関係を築くためには

人のこころを耕す=人間力を鍛える研修も必要です。

人間学を学ぶ手段のひとつに、

介護の木鶏会もっけいかいを行っています。

素心、美点凝視など、

介護職こそ「人間学」を学んでいくことで、

より深い対人ケアにつながるものと感じています。

介護をもっと楽しみたい!そんな仲間を探しています。

介護職の皆さん、一緒に勉強しましょう!


この致知での学びは「美点凝視」という姿勢を身につけることにあります。

つまり人の良い面に目を向けることです。

私は介護の現場にも「心」が必要だと思っていて、

これを浸透させるのがミッションです。

そのためにもまずはトップのリーダーから始めています。

ご協力いただける仲間がおみえでしたら、ぜひ一緒に広め、共に成長していけたらうれしいです